TOCFL事務局のご案内

TOCFL・華語文能力測驗の、よくある質問にお答えします。

TOCFLは、繁体字の試験ですか?
はい、そうです。簡体字ではありませんので注意してください。
※繁体字(はんたいじ、繁體字、拼音: fántǐzì)または正体字(せいたいじ、正體字、拼音: zhèngtǐzì)と呼ばれ、中国語において、古くから伝わる正統の文字です。現在では台湾、香港、マカオで使用され、中華圏外の華人コミュニティーでも使用されることがあります。
TOCFLは、台湾政府が主催している検定試験ですか?
はい、そうです。詳しくはこちらをクリックしてください。
TOCFLのレベル設定はどのようになっていますか?
入門レベルから上級レベルまであり、6レベルに分かれています。以下よりご確認ください。

Band A  入門級(A1) Level 1  Band Aの試験概要は、こちらから
基礎級(A2) Level 2  Band Aの出題例は、こちらから
Band B  進階級(B1) Level 1  Band Bの試験概要は、こちらから
高階級(B2) Level 2  Band Bの出題例は、こちらから
Band C  流利級(C1) Level 1  Band Cの試験概要は、こちらから
精通級(C2) Level 2  Band Cの出題例は、こちらから
受験申込みはBand別に行うのですか?
はい、BandA,BandB,BandCの3クラスとなります。Band別に試験問題が作られており、試験の結果で2レベルに分かれます。
※例えば、BandAの試験を受験し、その結果として、入門級(レベル1)に合格するか、基礎級(レベル2)に合格するかは、獲得したスコアにより異なります。
※Q2の解答の「点数と級数」をご参照ください。
TOCFLの試験時間や問題数はどうなっていますか?
聴解試験は60分(50問)、読解試験も60分(50問)の計120分(100問)です。
※試験時間は、全レベル、聴解、読解ともに60分で、試験問題は50問です。従って、試験全体の時間は120分、問題数は100問となっています。
台湾の大学に進学する場合、必ずTOCFLの認定書は必要ですか?またどのレベルに合格する必要がありますか?
すべての大学で必要というわけではありません。
※台湾の大学の多くは留学生を受け入れる時に、TOCFLの認定書が必要です。必要なレベルは学校や学部によって違います。入門級(A1)でも入学できる学部もあれば、流暢級(C1)が必要な学部(例えば中国語と関係する学科)もあります。各大学で独自に入学基準を定めます。
試験問題はどのような分野の問題なのでしょうか?
日常生活における中国語の使用能力を測ることが目的ですので、生活上で触れるさまざまなものを題材にしています。
※本検定試験の目的は台湾華語学習者の日常生活における言語使用能力を測ることにあり、特定の教材に基づいての出題は行っていません。試験内容は様々な日常生活の場面を想定して出題されて、題材は実生活に近く、そして多元的です。例えば、聴解試験では、日常会話、広告、ラジオ、公告、スピーチ、天気予報など異なるジャンルが出題のソースとなっており、読解試験では、広告、公告、手紙、メモ、天気予報など異なるジャンルが出題のソースとなっています。出題される短文も文学、科学、芸術、天文、歴史など異なる領域をテーマとしています。
各レベルの合格ライン(点数)はどうなっていますか?
レベルによって合格点のラインは異なります。詳しくはこちらより確認してください。
※本試験の成績はスケールスコアを採用しており、満点は80点です。 中国語能力試験は2013年からスケールスコアとStandard Settingの結果をレベル通過の判断基準として採用しています。スケールスコアは、RaschモデルのIRT(項目応答理論)に基づき、試験問題の難易度と受験者の正解問題数を統計プログラムによって計算し導き出しています。正解問題数が多い受験者ほどスケールスコアは高くなります。以前正解問題数を判断基準としていたのと比べて、スケールスコアは試験問題の難易度変化の影響を受けにくいため、より客観的であるといえます。
リスニング試験と読解試験は別々で受けることができますか?
リスニング試験と読解試験は必ず一緒に受験していただくことになります。両試験とも60分です。
TOCFLの認定書は履歴書に書けるものですか?
もちろんです。中国語の言語能力を示すものですので、保有資格として履歴書に書くことが可能です。
仕事で使えるレベルは、どのレベルからでしょうか?
仕事の内容、求められレベルによりますので、一言でどのレベルからとはお答えできません。
※中華圏での生活し、現地企業に勤務することを前提とするならば、やはり中級レベルであるBandB 高階級のレベル4は必要になります。Q2の解答の「能力説明」を 参照してください。
インターネット以外からの受験申込は可能ですか?
TOCFL日本事務局までお問合せください。TEL03-6674-1796(TECC検定事務局内 TOCFL日本事務局)
受験料の支払い方法を変更することは可能ですか?
申し訳ございませんが、申込完了後の支払い方法の変更はできません。
申込み終了後、メールアドレスの変更は可能ですか?
はい、可能です。下記の事務局までご連絡ください。
※但し、受験申込完了メールなど、既に送信済みのメールを変更後のメールアドレスに再送するすることはできませんので、予めご了承ください。
申込み終了後、キャンセルは可能ですか?
申込終了後のキャンセル返金は受付けておりません。ご了承ください。 ※「特定商取引に関する表示」をご確認ください。
※「特定商取引に関する表示」をご確認ください。
受験票がまだ届かないのですが?
受験票は検定試験日の10日前までに必ず届くように発送しますので、万が一届かない場合は、下記の事務局までお問合せください。
※また受験票は、受験申込の際に入力いただいた電子メールアドレスへ、PDFの形式でお届けいたします。万が一、受信に際して不都合がある場合には、事務局までご連絡ください。
受験結果がまだ届かないのですが?
受験結果は、試験日後30日以内に届くように発送しますので、万が一届かない場合は、下記の事務局までお問合せください。

上記内容につきましては、台湾からの試験結果到着日数が予想以上にかかることを考慮し、以下の通り、変更させていただきます。
ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。

予定受験結果は、試験日後50日以内に届くように発送しますので、万が一届かない場合は、下記の事務局までお問合せください。
なぜ試験問題を持ち帰れないのですか?
TOCFLは試験問題を公表しないため、持ち帰ることはできません。

-TOCFL 華語文能力測験に関するお問い合わせ先-

TOCFL日本事務局(中国語コミュニケーション能力検定 TECC検定事務局内)

受付時間:平日12:00〜21:00(土日祝休み)
TEL:03-6674-1796 Mail:info-tocfl@tecc.jpn.com


[実施・運営]
株式会社ハオ中国語アカデミー
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル4階
TEL:03-6674-1796 FAX:03-3513-0122

2017年検定実施日8月27日(日)
TOCFLは台湾政府教育部が実施する唯一の中国語(繁体字)検定試験です!
  • インターネットでお申し込み
  • TECC受験ガイドはこちら
  • お問い合わせ
ページトップへ