試験のお申し込み

TOCFLについて

台湾の国家中国語能力試験推進委員会による、中国語を母語としない人向けの台湾華語能力試験です。

TOCFL(華語文能力測驗)は、台湾の國家華語測驗推動工作委員會(国家中国語能力試験推進委員会:Steering Committee for the Test Of Proficiency-Huayu, 以下SC-TOPと略す)が開発を行い、全世界への普及を推進している、台湾華語(中国語)を母語としない人向けの能力試験です。
2001年8月に計画が始まり、国立台湾師範大学の中国語教学センター、中国語教育研究科(大学院)と心理教育試験センターが共同で研究開発を行いました。2003年12月、本検定試験は正式に施行され、受験者の国籍は60ヶ国以上に増えています。

本検定試験の合格者には、認定書が与えられ、以下の目的で活用されています。

  • ◇「台湾奨学金」を申請する為の参考基準として
  • ◇外国人留学生を募集している台湾の大学、専門学校等において中国語能力の参考基準として
  • ◇就職活動をする際の中国語能力の証明として

※現在、台湾国内の多くの専門学校、大学や大学院が本検定試験を入学申請条件、あるいは中国語能力の参考基準としており、多くの企業、法人も台湾駐在決定の参考基準としています。

当検定試験の受験レベルの目安として、聴解試験、読解試験とも、以下の学習時間、語彙数を参考にしてください。

本検定試験の目的は台湾華語学習者の日常生活における言語使用能力を測ることにあり、特定の教材に基づいての出題は行っていません。試験内容は様々な日常生活の場面を想定して出題されて、題材は実生活に近く、そして多元的です。例えば、聴解試験では、日常会話、広告、ラジオ、公告、スピーチ、天気予報など異なるジャンルが出題のソースとなっており、読解試験では、広告、公告、手紙、メモ、天気予報など異なるジャンルが出題のソースとなっています。出題される短文も文学、科学、芸術、天文、歴史など異なる領域をテーマとしています。

TOCFL受験レベル(級)

Band A

Level 1 入門級 (A1)

Level 2 基礎級 (A2)

受験対象者 学習時間の目安 中国語を母語としない学習初心者。中国語圏での中国語学習時間が120~360時間の人、
あるいは他の国での学習時間が240~720時間の方。
語彙数の目安 基礎文法及び500~1000語の基礎語彙を備える人
問題の種類 聴解問題(80点満点) 読解問題(80点満点)
図の説明、問答理解、対話理解(図画選択肢と文章選択肢)に分かれています。第一部~三部は三択問題で、第四部は四択問題です。 単文理解、図の説明、選択穴埋め、段落の完成と読解理解に分かれています。
合格点 41点以上 60点以上 42点以上 60点以上
判断レベル(級)

Level 1 入門級 (A1)

相手がゆっくりとはっきりした口調で、いつでも助けを出してくれるという前提においては、基本的な短い言葉や常用する語を理解することができる。

Level 2 基礎級 (A2)

ゆっくりとはっきりした口調であれば、簡単な話の内容やポイントを把握することができる。

Level 1 入門級 (A1)

視覚的補助もしくは重複読解を前提に、基本数字と語彙及び簡単な短い文章であればほご理解できる。

Level 2 基礎級 (A2)

日常生活や仕事で、頻度の高い語彙を用いて書かれた短い文章を理解することができる。

出題例

Band A(聴解)の出題例

Band A(読解)の出題例

Band B

Level 3 進階級 (B1)

Level 4 高階級 (B2)

受験対象者 学習時間の目安 中国語を母語としない人。台湾での中国語学習時間が360~960時間の人、
あるいは他の国での学習時間が720~1920時間の方。
語彙数の目安 2,000~5,000語の語彙を備える人
問題の種類 聴解問題(80点満点) 読解問題(80点満点)
対話と段落の2つのパートに分かれていて、問題数は50問、4つの選択肢から1つを選ぶ単数選択問題です。 選択穴埋め問題と文章理解の2つのパートに分かれていて、問題数は50問、4つの選択肢から1つを選ぶ単数選択問題です。
合格点 46点以上 61点以上 48点以上 64点以上
判断レベル(級)

Level 3 進階級 (B1)

対話の内容が仕事、勉強、娯楽など馴染みのある話題で、また話者の言葉がはっきりしていて、発音標準的であれば、内容の大意や重要な細部を理解することができる。

Level 4 高階級 (B2)

専門に関する技術的討論などを含む、標準語で話された一定の長さのある対話でも、内容の抽象いかんにかかわらず、ポイントの大意を理解することができる。

Level 3 進階級 (B1)

前提として、文章が平易で直接的な簡明な文章であれば、興味のあるテーマや自身の専門分野と関係のある文章は理解できる。

Level 4 高階級 (B2)

さまざまな目的で書かれた文書を、自身の持っている知識の範囲で推測しながら読解を行うことができるが、文書の内容や難易度により読解速度が異なる。また幅広い分野の語彙力を保有するものの、常用でない慣用語句に弱い面もある。

出題例

Band B(聴解)の出題例

Band B(読解)の出題例

Band C

Level 5 流利級 (C1)

Level 6 精通級 (C2)

受験対象者 学習時間の目安 中国語を母語としない人。台湾での中国語学習時間が960時間以上の人、
あるいは他の国での学習時間が1920時間以上の人
語彙数の目安 8,000語の語彙を備える人
問題の種類 聴解問題(80点満点) 読解問題(80点満点)
対話と段落の2つのパートに分かれていて、問題数は50問、4つの選択肢から1つを選ぶ単数選択問題です。 選択穴埋め問題と文章理解の2つのパートに分かれていて、問題数は50問、4つの選択肢から1つを選ぶ単数選択問題です。
合格点 50点以上 61点以上 52点以上 69点以上
判断レベル(級)

Level 5 流利級 (C1)

抽象的あるいは複雑なテーマ、構造や関連性がはっきりしていない話でも理解できる。しかし、話者の発音がはっきりしていない時は、細部確認をする必要があるかもしれない。

Level 6 精通級 (C2)

不規則もしくはめったに使わない専門用語の講話、放送、報告等の口頭叙述の内容を聞きとることができる。

Level 5 流利級 (C1)

難しい箇所を再度読解することが可能であれば、文書のテーマが自身の専門領域と関係なくとも、長く複雑な文書の細部まで理解することができる。

Level 6 精通級 (C2)

抽象的、複雑な構造、または相当に口語化された文学作品や非文学作品等をも含み、ほぼ全ての形式で書かれた文書を理解できる。

出題例

Band C(聴解)の出題例

Band C(読解)の出題例

「聴読能力」のレベル判定基準(証書発行基準)について

各受験レベルにつき、取得スコアにより、2つの判定レベルのいずれか、もしくは不合格の判定がされます。
3つのスコア「トータルスコア、スコア(読解)、スコア(読解)」において、全て、下記スコア以上を取得した場合につき、右記の判定がされ、証書が発行されます。


【「聴読能力」レベル判定の基準スコア】

受験レベル トータルスコア スコア(聴解) スコア(読解) 判定レベル
Band A
入門基礎級
83点 37点 38点 入門級
120点 51点 53点 基礎級
Band B
進階高階級
94点 42点 44点 進階級
125点 53点 56点 高階級
Band C
流利精通級
102点 46点 47点 流利級
130点 54点 61点 精通級

活用大学

台湾国内

中国語能力試験(TOCFL) 台湾国内 外国人学校

台北市日僑學校

大学・専門学校

中山大學

中央大學

中原大學

中山醫學大學

中國醫藥大學

台北市立教育大學

台灣大學

政治大學

南台科技大學

淡江大學

崑山科技大學

輔仁大學

暨南大學

銘傳大學

嘉義大學

實踐大學

臺灣師範大學

聯合大學

児童向け
中国語能力試験(CCCC)
台湾国内 外国人学校

台北市歐洲學校

台北市韓僑學校

高雄市日僑學校

大学・専門学校

臺北教育大學

臺灣師範大學

その他の国

バンクーバーブリティッシュコロンビア州教育省が外国語単位認定基準として、中国語能力試験を採用。

  • ・中国語能力試験(リスニング、リーディング試験)2単位
  • ・中国語ライティング能力試験1単位
  • ・中国語スピーキング能力試験1単位

TOCFLを学生の中国語能力判断基準に採用している学校は全部で19校

中国語能力試験(TOCFL)
アメリカ(6校)

格蘭谷州立大學

加州州立大學長堤分校

猶他州立大學

Ponte Vedra High School

Bishop Ready High School

楊百翰大學夏威夷分校

韓国(4校)

東國大學

國立全北大學校

國立群山大學校

明知大學

タイ(2校)

甘烹碧皇家大學

中華國際學校

ベトナム(2校)

馥華華語學校

河內經營和技術大學

オーストラリア(2校)

Unversity of Canberra

昆士蘭大學

カナダ(1校)

多倫多大學

ブラジル(1校)

柯太太中文學校

スペイン(1校)

公立馬德里語言學校中文系