試験のお申し込み

Q & A

TOCFL・華語文能力測驗の、よくある質問にお答えします。

TOCFLは、繁体字の試験ですか?

はい、そうです。簡体字ではありませんので注意してください。

※繁体字(はんたいじ、繁體字、拼音: fántǐzì)または正体字(せいたいじ、正體字、拼音: zhèngtǐzì)と呼ばれ、中国語において、古くから伝わる正統の文字です。現在では台湾、香港、マカオで使用され、中華圏外の華人コミュニティーでも使用されることがあります。

TOCFLは、台湾政府が主催している検定試験ですか?

はい、そうです。詳しくはこちらをクリックしてください。

TOCFLのレベル設定はどのようになっていますか?

入門レベルから上級レベルまであり、6レベルに分かれています。以下よりご確認ください。

受験申込みはBand別に行うのですか?

はい、BandA,BandB,BandCの3クラスとなります。
Band別に試験問題が作られており、試験の結果で2レベルに分かれます。

※例えば、BandAの試験を受験し、その結果として、入門級(レベル1)に合格するか、基礎級(レベル2)に合格するかは、獲得したスコアにより異なります。

TOCFLの試験時間や問題数はどうなっていますか?

聴解試験は60分(50問)、読解試験も60分(50問)の計120分(100問)です。

※試験時間は、全レベル、聴解、読解ともに60分で、試験問題は50問です。従って、試験全体の時間は120分、問題数は100問となっています。

台湾の大学に進学する場合、必ずTOCFLの認定書は必要ですか?
またどのレベルに合格する必要がありますか?

すべての大学で必要というわけではありません。

※台湾の大学の多くは留学生を受け入れる時に、TOCFLの認定書が必要です。必要なレベルは学校や学部によって違います。入門級(A1)でも入学できる学部もあれば、流暢級(C1)が必要な学部(例えば中国語と関係する学科)もあります。各大学で独自に入学基準を定めます。